画期的な脱毛器「シルキン」

"家庭用脱毛器のシルキンというのは少し値段は割高で販売されていますが、これまでの脱毛器のように別に専用のジェルなどを必要としません。
なので購入者の方の満足度が非常に高い脱毛器となっており、さらには男性のヒゲも簡単に処理することが出来るのです。
シルキンというのは、パルスライト方式を採用している脱毛器として今大変注目をされています。
このパルスライトは機械の照射口から照射されているレーザーが、患部の毛根組織を破壊していくことによって、むだ毛が抜け落ちたり、または細くなったりする脱毛方法です。
脱毛器と言いましても、肌を痛めてしまうようなモノも販売されているので、注意をする必要があります。
また間違った脱毛エステ選びをしてしまうと、かなりの金額がかかってしまうこともありますのでお気をつけください。
一般的なレーザー脱毛器の6から10倍という非常に広範囲のムダ毛を早いスピードで処理することの出来るのがシルキン最大の魅力となります。
両脇が10分程度で脱毛が完了してしまうのも業界最高水準であり、脱毛作業が一瞬で終わることでしょう。"



画期的な脱毛器「シルキン」ブログ:17 3 2019

わたくしはお父さん大好きっ子です。
もし、父母に相談することがあれば、
相談はお母さんではなくお父さんにするくらいです。

そんなお父さんは
どちらかと言うと世話好きなおばちゃんって感じで、
いつも人の心配をしているような人です。
それでいて、無邪気で、でも男の背中も見せてくれます。

普段は甘えん坊で、
天然ボケみたいなところもありますので、
どちらかと言うと邪険に扱っております。

…が、そんな愛すべきキャラの
お父さんの強さと悲しさを見たことが何度かあります。

それは祖父が亡くなった時のこと。
わたくしが幼稚園のときでした。

当時のわたくしは
お父さんの置かれていた環境は知るはずもありませんが、
その時お父さんは
「泣いていない」のに「泣いて」いました。

祖父は心臓病だったのですが、
わたくしたちは、運良く死に目に会うことが出来ました。

なぜ、運良くかといいますと、
お父さんと祖父は仲たがいをして
長いこと会っていなかったからです。

お父さんと祖父が和解したのは、
祖父が亡くなった時なのです。
わたくし自身も祖父に会ったのは、その最後の1、2回だけです。

最後の最後で自分のお父さんと分かり合えたのに、
これで永遠のお別れなんて…

でも、男として涙をこらえていたんでしょうね。
娘ながらにひしひしと感じるんです。
この人の心は泣いているなって。号泣してるなって。

その時、
とりあえず娘たちは外にいなさいと言われたのですが、
その悲しみの大きさを感じて、返事も出来ずに何も言えずに、
わたくしは固まっていました…

人はこんな時、
誰でもそんな風にしてしまうのかもしれませんが、
わたくしは父の中に大きさを感じました。